過払い金の返還の時効

過払い金請求返還の時効について

過払い金請求返還の時効について

★借金の返済が完了している場合

借金の返済を毎月行っている人で、多く金利を払っている人も多いでのではないでしょうか。

そんな人に是非お薦めなのが、過払い金返還請求です。

実はこの請求の手続きを行う事によって今まで支払いすぎていたお金が戻ってきます。ですが、借金の返済を既に完了している人の中にも「払いすぎていたのではないのか?」と思い返す人もいるのではないでしょうか。

さて、既に借金の返済が完了している人は、過払い金返還請求の手続きは行えるのでしょうか?今回は、過払い金請求返還の時効についてご紹介したいと思います。

債権の時効は10年

★返済完了日から10年たっていなければOK

実は、過払い金返還請求の手続きをする際には、請求をする期間が法律で定められています。ですので、その間に手続きを行わなければいけません。また、過払い金返還請求は「債権」という権利になり、この債権に時効が設けられています。
債権の時効は10年となっているので、この間に請求手続きをしなければ権利自体なくなると言う事になります。では、過払い金返還請求はいつから計算すれば良いのでしょうか?

過払い金返還請求の期間は10年と決まっていますがいつから10年と考えれば良いのでしょうか? 実は、開始されるのは最終返済が完了した日からとなっています。ですので、返済完了日から10年たっていない場合は、是非過払い金返還請求の手続きを行ってみて下さい。
お金が戻ってくるケースも考えられます。今更、請求をしても意味がないと思っているかもしれませんが、過払い金が発生している、しないだけでも調べてみると良いかもしれません。中には数年も経過していて領収書などの証拠資料が手元になくても、実は貸金業者やカード会社の名前が分かるだけでも調査が可能になっているので、是非専門家に相談をしてみましょうね。

過払い金返還請求は時効があるので、その期間内に請求の手続きを行うようにしましょう。過払い金返還請求の手続きをしたからといって、ブラックリストに名前が載る事はありません。多くの人が、過払い金返還請求を行うとブラックリストに名前が載ってしまうと心配している人がいますが、実はそんな事はありません。以前は、過払い金返還請求の手続きを行うとブラックリストに名前が載りましたが、今現在はそのような制度はなくなりました。また、払いすぎたお金を返還してもらうのは当たり前の行為です。何より、そのお金はあなた自身のものですからね。
是非、借金の返済が完了してしまった人も、また返済をしている人も過払い金の返還があるのかどうかだけでも調査をしてみて下さいね。